コラム

ドキッ!とする運転中の手汗を対策する3つの方法とは!?

更新日:

ドキッ!とする運転中の手汗を防ぐ3つの方法とは!?

運転中ってどうしても手汗がでちゃうんだよねー
信号待ちとかで頻繁に拭いているけど、それでも手が滑って危ないと思った経験が多々あるよ…

運転は、神経を使うから無意識に緊張してしまうんだよね。
軽度の手汗なら、備え付けのエアコンでも対策できるよ!

どうして運転中はいつもより手汗が出るのだろう?

運転中って普段生活しているときよりたくさん手汗をかいてしまいますよね。
手汗が原因で手が滑ってしまい、事故を起こしてしまいそうになった経験がある人も少なくないと思います。

なぜ、普段より多く手汗をかいてしまうのでしょうか?

それは、運転しているとき無意識に緊張してしまうからです。
どんなに長く運転している人でも少なからず無意識的に緊張しています。

この緊張が普段より手汗を多くしている原因です。

手汗をかく原因の一つとして、精神性発汗といわれているものがあります。
この精神性発汗は、緊張しているときや不安感を覚えているとき、ストレスに感じているときなどに起こります。
こういった状態では交感神経が活発に働くのでより多くの汗を出すといわれています。

大事な会議の前や学校の授業中に解答を求められたときなどに汗がたくさん出てきたという経験はありませんか?
こういった緊張する場面ででる汗は、精神性発汗によるものです。

さて、運転中の手汗に話を戻します。

運転中は無意識に緊張してしまうので、精神を落ち着かせるといった対策ではほとんど効果がありません。
そこで、物理的な対策をする必要があります。

そこでよくとられている対策は、

  1. エアコンを冷風にして手に当てる
  2. 手袋をつける
  3. ハンドルカバーをつける

です。

 

エアコンを冷風にして手に当てる

この対策は、軽度の手汗の場合に有効ですが、特に多く手汗をかいているときにはあまり有効な対策にはなりません。

エアコンで冷たい風をあてることで、手を冷やします。
人間の体には、冷やされることによって皮膚にある血管が収縮する性質があるそうです。
そして血管が収縮すると汗が引いていきます。

 

運転用などの手袋を着用する

手を冷やす方法では対策できないような量の手汗の場合には、運転用の手袋をつけるという対策方法があります。

バスの運転手やタクシーの運転手がよく手袋をつけていますよね?
バスやタクシーの運転手のような運転のプロともいえる人たちでも長い時間運転することで、手汗をかいてしまいます。
その手汗でハンドル操作やギアチェンジなどのミスを防ぐために手袋をつけているそうです。

運転のプロともいえる運転手も行っている対策なので、私たちにも効果がありそうですね!

手袋を選ぶ際のポイントですが、吸汗性に優れた綿100%のものがおススメです。

 

本革など吸湿性に優れたハンドルカバーを付ける

同乗者がいない場合には手袋でもいいですが、同乗者がいる場合には「手袋をつけているのが恥ずかしい」と感じる人もいるかと思います。
特に、恋人を乗せてドライブに行く時なんかは、手袋はつけたくないですよね?

そんな時は、ハンドルカバーをつけるという対策があります。
ハンドルカバーはいろいろな種類がありますが、本革でできているものがおススメです!

本革製をおススメしていますが、デメリットもあります。
それは、手入れが必要と言う点です。
この点を除けば本革製のハンドルカバーには多くのメリットがあります。

本革製のハンドルカバーのメリットは、吸湿性に優れていること、保温性があること、使えば使うだけ手に馴染むことなどを上げることができます。

逆に、手汗対策ということを考えれば買わない方が無難なハンドルカバーもあります。
それは、エナメル素材でできているハンドルカバーです。

エナメル素材でできているハンドカバーは、キャラクターものや柄物などおしゃれなものも多いのですが、汗を吸いません。
汗を吸わないので、ハンドルカバーをつける前よりも手汗で滑ってしまうことも多いです。

もし、手汗対策としてハンドルカバーを検討しているのであれば、エナメル製ではなく、本革製のハンドルカバーを選びましょう!

 

手汗を出にくくするのも一つの対策

これまでお話しした対策方法ももちろん有効なのですが、手汗自体を対策するという方法もあります。

市販されている制汗剤の多くは、わきがや脇汗用となっていて手汗にはあまり効果がない場合があります。
ですので、手汗を対策する場合には、手汗用の制汗剤を使うのがおススメです。

なかでも、ファリネという制汗剤がおススメで、私も運転する前などに使っています。
なぜおススメなのかというと、つけたらすぐに手がサラサラになるからです。

手汗用の制汗剤は、クリームタイプやジェルタイプが主流ですが、これらの制汗剤は、つけてから乾くまで時間がかかり、その間は手がべたついてしまいます。

ファリネは、手汗用制汗剤には珍しいパウダータイプです。
パウダータイプは、乾くのを待つことなくすぐに手がサラサラになるので気に入っています。

ファリネについて詳しくは公式サイトをご覧ください。

以上、ドキッ!とする運転中の手汗を対策する3つの方法とは!?でした。
ご覧いただきありがとうございました。

-コラム
-,

Copyright© 手汗用パウダー , 2019 All Rights Reserved.