コラム

ゲームをしているとき手汗が気になる…そんな時どうする!?

更新日:

ゲームしてるといつも手汗でコントローラーが濡れて気になっちゃう。

一人でゲームをしているときならまだしも、友達としてる時なんかだとコントローラーを渡したくなくなるよね。

手汗のせいでコントローラーが壊れた!?

ゲームをしているときって普段より多く手汗がでませんか?

コントローラーが手汗で「ぬめっ」としたり「べちゃべちゃ」になったりしますよね。
そうなると、娯楽のはずなのにゲームを楽しめなかったり、ストレスが溜まってしまったりしてしまいます。

学生の頃オンラインゲームにはまっていたことがあるのですが、1年間でゲームパッド(コントローラーみたいなもの)を5個近く買い換えました。
パソコンのキーボードみたいに水没ということではないと思うのですが、よく使うボタンが反応しなくなったからです。
おそらく、手汗が乾いたものがボタンの間に入り込んで反応しにくくなっていたんだと思います。

 

どうしてゲーム中は普段より手汗が出るのだろう?

なぜゲームをしてるときは手汗をたくさんかいてしまうのでしょうか?

それは、交感神経が活発に働いているからです。

主な手汗の原因といわれているのが精神性発汗です。
精神性発汗は、精神状態によって交感神経が活発になっているときに汗を分泌します。

たとえば、学校の授業で指名されたとき、就職活動での面接の直前、商談の最中に手汗をかいたことはありませんか?
こういった、緊張しているときやストレスを感じているとき、不安感があるときなどは交感神経が活発に働き多くの汗を分泌します。

また、ゲームをしているときに没頭して興奮することもあると思います。
興奮しているときも、交感神経が活発になるので多くの汗を分泌します。

このように、ゲームをしているときは交感神経が活発になるので、普段より多くの手汗が出てしまうのです。

 

一人でゲームをしているときなら手袋!

一人でゲームをしているときには、手袋をつけてみてはいかがでしょうか?

手袋は、運転用手袋のような綿100%のものが適しています。

薄手のゴム手袋でもコントローラーがベチャベチャになることは防げます。
しかし、長時間つけていると手袋の中がぬるぬるしてしまい不快になる場合があります。

その点、運転用手袋のような綿100%のものであれば、吸汗性に優れているので、長時間つけていても手袋ないがぬるぬるになるということは極めて少ないです。

ただ、手袋での対策の難点は、目立つことです。
友達とゲームをしているときに自分だけ手袋をしているのは目立ってしまい嫌ですよね。
「気にならない!」というのであれば手袋での対策もいいのですが、気になってしまうと余計に手汗が出る原因になりかねません。

 

手汗用制汗剤を使って手汗を予防する!

目立たぬよう対策をするのであれば、手汗用制汗剤を使うのも一つの手です。

手汗用に作られた制汗剤はドラッグストアなどで市販はされていませんが、ネット通販では多く出回っています。
その手汗用制汗剤の多くは、クリームタイプのものですが、ゲームのための対策としては少し難点があります。

それは、制汗クリームが乾くまで手がべたべたになるのでコントローラーを触れないということです。

せっかく手汗対策してコントローラーがべちゃべちゃになることを防いでいるのに、クリームでコントローラーがべたべたになってしまっては意味がありません。

この点、ファリネという手汗用制汗剤は、パウダータイプなのでクリームが乾くのを待つ必要がなくすぐに手がサラサラになります。
ゲーム中また手汗が出てきたとしても、少し席を外しもう一度ファリネをつけることですぐにゲームを再開することができます。

制汗クリームが乾くまで待つということがないので、友達にもバレないうちに手汗対策ができます!

ファリネについて詳しくは公式サイトをご覧ください。

以上、ゲームをしているとき手汗が気になる…そんな時どうする!?でした。
ご覧いただきありがとうございました。

-コラム
-,

Copyright© 手汗用パウダー , 2017 All Rights Reserved.