ファリネ

ファリネの持続時間はどのくらい?少しでも持続させる方法とは?

更新日:

ファリネって手汗用制汗剤には珍しいパウダータイプだけど、
効果の持続時間はどのくらいなの?

ファリネを使ってサラサラ感が続くのは、1時間~2時間だよ!

ファリネの効果が持続するのは1時間~2時間

手にファリネを付けたあと、サラサラ感が続くのは、おおよそ1時間~2時間です。
パソコンを使って仕事をしていることが多い私の場合は、1時間30分程度はキーボードにもマウスにも手汗がつくことはありませんでした。

ファリネは、一度付ければ効果が1日中持続するような商品ではないということを購入前に理解しておく必要があります。

もし、1日中効果が持続するような制汗剤をお探しであれば、ファリネは向いていないので購入しないでください。
長時間効果が持続する制汗剤が良いという人は、制汗効果が高いとされる塩化アルミニウムを使用した 【デトランスα】 のような制汗剤がいいかと思います。

持続時間が短いのは肌への負担を減らした結果です

さて、ファリネの持続時間が1時間~2時間と短いのには理由があります。

それは、毎日使うものだから、お肌に優しい成分を使い、お肌への負担を極力減らすというものです。

先ほどお話しした塩化アルミニウムは、制汗効果が高いとされていますが、その反面、肌荒れや炎症、かゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性が高いです。
肌荒れなどが起こってしまうと、手に意識が向いてしまい逆に多くの汗が出てしまうことになりかねません。
そう、いわゆる精神性発汗です。

肌トラブルを起こさないために、ファリネは塩化アルミニウムを使用していません。
そのかわりに、クロルヒドロキシアルミニウムと酸化亜鉛を使用しています。
これらの成分は、塩化アルミニウムより制汗効果は劣っていますが、お肌への刺激が少なく肌トラブルを起こす可能性が低いのです。

その他の成分も、無添加にこだわっています。
香料、鉱物油、着色料、アルコール、パラペンを使っていないという点も、うれしいポイントです。

効果・効能 皮膚汗臭、制汗
有効成分 クロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛
その他の成分 メチルハイドロジェンポリシロキサン、セリサイト、ミリスチン酸マグネシウム、タルク、無水ケイ酸、アクリル酸アルキル共重合体、シリル化処理無水ケイ酸、セルロース末、麻セルロース末、フェノキシエタノール、メチルポリシロキサン、植物性スクワラン、トリメチルシロキシケイ酸、天然ビタミンE

 

正しい使い方で持続時間を少しでも延ばそう

ファリネの持続時間を少しでも延ばしたい場合には、正しい使用方法を心がけましょう。

1.つける前に手を清潔に

ファリネをつける前には必ず手を石鹸やハンドソープで洗ってください。
手が汚れていたりするとパウダーがうまくなじまず効果がみられない場合があります。

そして、清潔なタオルで手を拭き乾燥させます。

2.汗が出る前にファリネをつける

手を清潔にした後は、手汗が出る前にファリネをつけます。
この時、手が少し白くなる程度と少し多めにつけるとより効果を実感できます。
目安としては、5~6回ポンポンっとする感じですかね。

手汗が出てからファリネをすると、あまり効果を実感できないくなるので注意してください。
もし、手汗が出てきてしまった場合は、もう一度手を洗いましょう。

3.手のひらだけでなく手の甲や指の間にも

汗が出ているのが手のひらだけだからといって、手のひらだけに制汗剤をつける人が多いですが、手の甲や指の間にもファリネをつけるようにしてください。

意外にも気づいていない人が多いのですが、指と指の間からも多くの汗が出ていることがあります。

 

ファリネについて詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

以上、ファリネの持続時間はどのくらい?少しでも持続させる方法とは?でした。
ご覧いただきありがとうございました。

-ファリネ
-

Copyright© 手汗用パウダー , 2017 All Rights Reserved.