豆知識

【図解】手汗に効く2つのツボはココ!

投稿日:

手汗に効くツボなんてあるの!?

万能のツボとして知られる合谷と、
ストレスなどに効くとされる労宮が
手汗にも効果があるツボだよ!

手汗に効くツボは合谷(ごうこく)と労宮(ろうきゅう)

手軽にできる手汗対策として、合谷と労宮というツボを刺激するという対策があります。

なぜ、これらのツボが手汗に効くのでしょうか?
それは、手汗が出る原因を知れば見えてきます。

ツボの位置を紹介する前に、簡単に手汗の原因についてお話しします。

 

手汗をかく原因とは!?

人の体には、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があります。
このうち、手汗の原因となっているのはエクリン腺です。

エクリン腺から分泌される汗は、その成分の99%が水分です。
ですので、汗は無色透明でさらさらしているという特徴があります。

アポクリン腺はわきがの原因とされていますが、手汗とは関係がないので今回は省略します。

このエクリン腺ですが、汗が出る原因が3つあるとされています。

  1. 温熱性発汗
  2. 味覚性発汗
  3. 精神性発汗

これら3つです。

とりわけ、手汗に効くツボとの関係で重要なのは、精神性発汗です。

精神性発汗とは、緊張しているときやストレスを感じているときなど、交感神経が活発になるときにかく汗です。
たとえば、企画のプレゼンをする前やゼミで研究結果を発表する前なんかにかく汗が精神性発汗であるといえます。

温熱性発汗と味覚性発汗は、ツボとあまり関係がないので今回は省略します。

 

合谷って?その場所と効果とは!?

手汗に効くツボとして一番有名なのが合谷だと思います。

人差し指と親指のつけのの骨が合流するあたりにあるくぼみが合谷です。

この合谷は、万能のツボや頭痛に効くツボとして有名です。
合谷は、頭痛、便秘、肩こり、ニキビ、歯痛などに効果があるといわれています。
そして、合谷を刺激することにより精神を安定させる効果もあります。

もうお分かりかと思いますが、合谷を刺激することによって精神を安定させたり気持ちを落ち着かせたりすることで、交感神経の動きを抑えます。
その結果、精神性発汗による汗の分泌が少なくなります。

労宮って?その場所と効果とは!?

労宮は、手のひらの中央付近にあるツボです。
簡単な探し方は、手をグーにすることです。
手をグーにしたときに、中指の先が当たる場所が労宮です。

 

労宮は、自律神経の乱れの改善やストレス、疲労回復、緊張をほぐす効果があるといわれています。
労宮を刺激することによって、自律神経を改善したり、緊張がほぐれたりします。
その結果、精神性発汗による汗の分泌が少なくなります。

合谷、労宮とも手にあるツボなので、いつでもどこでも押すことができます。
ストレスを感じていたり、緊張しているときだけでなく、手持ち無沙汰なときや気が向いたときなどにツボを押してみてはどうでしょうか?

ツボを押しただけでは手汗が改善しないことはもちろんあります。
そのような場合は、手汗用制汗剤も一緒に試してみてください。

以上、【図解】手汗に効く2つのツボはココ!でした。
ご覧いただきありがとうございました。

-豆知識
-

Copyright© 手汗用パウダー , 2019 All Rights Reserved.